名古屋大学の話

学生の頃、教授に「資格を取ったほうがいいですか?」と質問したら、
「そんなものはいらん。おまえはどんな資格より強い資格を持つんだよ、名古屋大学卒という資格をな」
名門大学のプライドは強烈だ。

卒業した同級生は、トヨタで自動運転研究し、NTTで人工知能を、NECで半導体設計を、ITベンチャーで経営者をやっている。
そういう大学なんだ。
正直、学歴なんて言いたくないんだよ。
比べられちゃうじゃん?
私はうだつのあがらない職を転々としたぷー太郎なんだから。

あるとき同級生の友人と話した時のこと、
「英語のやりとりなど、わからないことがあると、名大生がやることになる。それは、一般人のわからないと、名大生のわからないはレベルが違うからだ」

名大生がやらないといけない局面がある。
私が理解して解答を出さないといけない。
私が前に出ないといけない。
先頭に立って突撃しないといけない。
社会の閉塞感を突破しなければならない。
騎士道精神みたいなやつだけど。

現代の煉獄さんなんだよ。
持って生まれたその力を使わないといけない時が来る。
私利私欲ではなく。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です