批判したがり、批判されることを極端に怖がる。今こそ仏教の思想が大切

批判したがり、批判されることを極端に怖がる。

なんだか、そんな人が多い気がする。

コロナ騒動だって、結局、「自分は悪くない」と主張するためにマスクが外せないという雰囲気が伝わる。

ずっと犯人探しをしている。

感染症とかもはやどうでもいいのだ。

「自分は悪くない」「あいつが悪い」・・

これじゃ、いつまでたっても終わらない。

なんかこういう時こそ、仏教の思想が大切な気がしてきた。

諸行無常(しょぎょうむじょう):すべてのものは移り変わる

諸法無我(しょほうむが):私のものなんて、ひとつもない

涅槃寂静(ねはんじゃくじょう):無常を知らないために生じた煩悩や執着が苦の元となる。煩悩の炎を消すことで、穏やかで安らぎな境地に到達できる。

私が・・私が・・、やってないで、無我の境地を意識しないと収まらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です