裁く時代を終わらせよう。コロナパニックへの終焉に向けて

コロナはただの集団パニックだった。

これはもう多くの人が気づいていると思う。でも、言い出すのが怖かったりらマスクを外せなかったり、という状態。

実際は、責められるのが嫌なだけ。みんなが一歩を踏み出せない。

「コロナは怖くない、なぜ間違いを認めない」とを責める人もいる。

ただそういう裁く行為を続けていては、コロナパニックは終わったとしても、新しい時代には変われない。

裁くのをやめないといけない。

誰しも間違いはある。

気付いた人は、気づくのがちょっと早かっただけ。

まだ気づいていない人を傷つけることなく気付かせるのも必要。

新しい時代を作ろう。

裁くのをやめる。そうすれば、裁かれる恐怖からも解き放たれる。

みんな怯えている。感染症に怯えているのではなく、人々に裁かれるのを怯えている。

だから、考え方を変えて、

「コロナはみんなで壮大に騒いだイベントだった」と思おう。

振り返れば、今年は総死者数は減った、とても平和な年だったとなる。

新しい転換のタイミングになれる。コロナがあったから、気づけたことがたくさんあったはず、コロナだから知り合った人がいたはず。

今までとは違う時代がはじまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です